目の疲れ 食べ物 スーパーフード

目の疲れに効く食べ物

このエントリーをはてなブックマークに追加 

仕事でもプライベートでも現代人は常にブルーライトを浴びている状況です。

 

とても目が疲れやすい環境に置かれている人が多いのではないでしょうか。目の疲れをほっておくと首や肩こりにも繋がります。

 

目の疲れに効く食べ物、スーパーフードをピックアップしました。

 

>>おすすめのスーパーフードランキング

 

眼精疲労起こる原因

目の疲れがたまっている女性
そもそも目の疲れが起こる原因について少し解説します。

 

人が物を見る時、レンズの役目を担っている水晶体の厚さを、毛様体筋という筋肉を使って調節することにより遠くを見たり近くを見たりしています。

 

人の目はもともと近くを見るように出来ていないので、至近距離でのパソコン作業が続くと毛様体筋が収縮して眼精疲労が起こるのです。また、パソコンを見続けると瞬きが減り、目が乾燥するドライアイが起こります。ドライアイは角膜の表面を傷つけ炎症の原因になります。

 

パソコンの画面は1秒間に数十回の点滅で文字を表示しています。脳もその刺激を認識するため、長時間続くと脳も疲れてきます。集中力の低下やイライラにもつながります。

 

目の疲れに効く食べ物は?

目の疲れに効く食べ物(スーパーフード)は数種類あります。バランスよく食べるのがコツです。

ビタミンA

役割

  • 角膜細胞の作り替え
  • 角膜の表面を保護する粘液の成分となる
  • 網膜で光を感じる細胞(ロドプシン)の材料となる

 

含まれる食べ物

一般的な食品

スーパーフード

レバー、あんこう、うなぎなどの魚、卵、牛乳、チーズ、緑黄色野菜

スピルリナ(βカロテン)、アセロラ、ゴールデンベリー、ルクマ(βカロテン)、ビーポーレン、クコの実、カカオ

※βカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換されます。

 

ビタミンB1、B2

役割

  • 視神経や筋肉の疲労の解消
  • 視力低下を防ぐ

 

含まれる食べ物

一般的な食品

スーパーフード

豚ひれ肉、うなぎ、豚もも、玄米、レバー、肉、魚介、牛乳、乳製品、卵、納豆など

スピルリナ、マカ、クコの実、ビーポーレン、アロエベラ、ココナッツ、ヘンプなど

 

ビタミンC

役割

  • 水晶体の透明度を保つ
  • 充血を防ぎ目をリフレッシュさせる

 

含まれる食べ物

一般的な食品

スーパーフード

果実類、イモ類、緑茶など

カムカムベリー、ブロッコリースプラウト、アセロラ、シークニン、クコの実、マルベリー、カカオ、アロエベラ、ヘンプシード、ココナッツ

 

アントシアニン

役割

  • ロドプシンの再合成の活性化
  • 網膜に栄養を運ぶ毛細血管の血流改善

 

含まれる食べ物

一般的な食品

スーパーフード

ブルーベリー、葡萄、イチゴなど

アサイー、マキベリーなど

 

ルテイン、ゼアキサンチン

  • ゼアキサンチン…視力回復に効果あり
  • ルテイン…失明の原因といわれる黄斑変性症や緑内障、白内障などが改善したという報告がある

 

ゼアキサンチン

ルテイン

クコの実(ゴジベリー)、スピルリナ クコの実(ゴジベリー)

 

目の疲れにスーパーフードをおすすめする理由

目の疲れを改善するのにスーパーフードをおすすめする理由は、上に挙げたような一般的な食品よりも多くの栄養分をスーパーフードが含むからです。例えば、目にいいというイメージの強いブルーベリーで比べても、アサイーのアントシアニンの量はブルーベリーの30倍ともいわれます。

 

パソコンやスマホと付き合わないという選択をするのが難しければ、スーパーフードで効率的に目にいい成分を摂ってみてはいかがでしょうか。

 

>>眼精疲労に効く!おすすめのスーパーフードランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加