αリノレン酸 効果

αリノレン酸(アルファリノレン酸)の効果!多く含むスーパーフードは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

体にいい油といわれるαリノレン酸。

 

実はαリノレン酸を含むスーパーフードは意外とたくさんあるんです。

 

αリノレン酸の体にいい効果と、αリノレン酸を多く含むスーパーフードをご紹介します。

 

>>αリノレン酸を含むスーパーフードおすすめランキング

 

αリノレン酸とは

 


αリノレン酸とは健康に良い油の成分のひとつで、体内のリン脂質[※1]にも含まれる成分です。

 

脂肪酸[※2]は、炭素、水素、酸素から成っており、構造の中に炭素の結合を2つ以上持つ多価不飽和脂肪酸にあたります。

 

多価不飽和脂肪酸は、人間の体ではつくることができないため、食品から摂取する必要がある必須脂肪酸に指定されています。


引用:わかさの秘密

 

不飽和脂肪酸とは、脂質の材料でエネルギー源になったり、中性脂肪やコレステロールを調節する働きがあります。

 

不飽和脂肪酸の種類は以下の通り。人の体では合成できない為、食事などから積極的に摂るべき油です。

 

  • 一価不飽和脂肪酸…オリーブ油、なたね油など
  • オメガ3脂肪酸…さんま、いわし、さば、えごま油、なたね油など
  • オメガ6脂肪酸…植物油、ナッツなど

 

この不飽和脂肪酸のなかのひとつである、オメガ3脂肪酸という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

オメガ3脂肪酸は、αリノレン酸、EPA、DHAから構成されています。

 

EPAやDHAは青魚などに含まれるものですが、αリノレン酸を摂取すると体内でEPAやDHAなどに変換されます。

 

αリノレン酸の効果は?

αリノレン酸を含むオメガ3脂肪酸は、細胞膜を作ったり、中性脂肪を減らす役割があります。悪玉コレステロールを抑え、善玉コレステロールを増やしてくれます。

 

  • 血栓が出来るのを防ぐ、血液サラサラ効果
  • アレルギーの抑制効果
  • 免疫力アップで老化防止
  • うつ病の軽減

 

同じ不飽和脂肪酸でオメガ6脂肪酸の中のリノール酸も悪玉コレステロールを減らしますが、摂りすぎると、善玉コレステロールも減らします。血液を固める働きがあるのです。

 

かといって、リノール酸も体にとって大切な働きをします。αリノレン酸もリノール酸もどちらも体に必要な成分でバランスが大切!

 

厚生労働省はαリノレン酸とリノール酸の摂取目安を1:4の割合で推奨しています。

 

ですが、現代人は植物油などからリノール酸(オメガ6脂肪酸)過多になりがちになっています。

 

そこで、αリノレン酸を多く含むスーパーフードの出番です。

 

αリノレン酸を含むスーパーフード

αリノレン酸を多く含む代表的なスーパーフードをご紹介します。

 

チアシード

チアシード

 

ポピュラーなスーパーフードのひとつ。
αリノレン酸とリノール酸がほどよい割合で含まれています。

 

ヘンプシード

ヘンプシード

 

ヘンプシードは麻の実のことです。
日本スーパーフード協会が国内で推奨するスーパーフードのひとつ。
チアシード同様、αリノレン酸とリノール酸がバランスよく含まれます。

 

亜麻仁油

亜麻仁油のイメージ
亜麻の種子から抽出したオイル。
56.1%がαリノレン酸です。

 

えごま油

エゴマのタネ
シソ科の植物、えごまを抽出したオイル。
亜麻仁油の上をいく62.4%がαリノレン酸です。

 

>>チアシードやヘンプシードも!スーパーフードのおすすめランキング

 

αリノレン酸の弱点

αリノレン酸は酸化しやすく、熱に弱いという弱点があります。

 

料理で活用する場合は、ドレッシングなど生のまま使用しましょう。

 

>>チアシードやヘンプシードも!スーパーフードのおすすめランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加